研究データ

抗真菌効果

カンジダ(Candida albicans)

【実験方法】
試験菌は、サブロー寒天培地で、37℃で1日培養したものを用いた。これを試験溶液と30分間接触させ、生菌数を培養法にて測定した。

グラフ

*1 PBS(phosphate buffered saline)と接触

生菌数は、バブルガードではコントロールの約1/100に、無添加ボディソープでは1/1000以下に減少した。

白癬菌の一種(Trichophyton mentagrophytes)

【実験方法】
小分生子の状態の試験菌を普通寒天培地に塗布し、中央に試験溶液10μL滴下した。これを28℃で2日間培養後、阻止円の大きさを測定した。
※阻止円・・・菌の繁殖阻害範囲を示す

写真

*2 PBSを滴下

バブルガードと無添加ボディソープは、消毒薬(80%EtOH、0.1%塩化ベンザルコニウム)と同等の増殖抑制効果を示した

産業医科大学 医学部 微生物学にて実施

Copyright (c) 2009 感染症対策研究センター All Rights Reserved. ページトップへ 個人情報保護方針 引用リンクについて サイトマップ